SpaceTop─終於能伸手進螢幕跟每個魔女…..(ry

SpaceTop
在本部落格於2009年初次介紹由NICT所研製的”漂浮觸控面板”技術後,已經4年過去,
雖然那”漂浮觸控”至今似乎還未普遍商品化,有些類似、但又感覺更加厲害的科技卻出現了─
あんりずむ看到的消息,來自MIT的學生Jinha Lee(이진하, 李鎭河)在今年的TED大會中,
展示了一款新型3D作業環境”SpaceTop”;該系統主要由透明LED螢幕與兩台攝影機所組成,
一台攝影機追跡手部動作,另一台則追蹤使用者眼動,配合透明投影幕組合成為一個3D使用介面;
這東西不但用完可以折疊起如筆電一般,看起來用於普通打字時也很方便,
甚至,還有望能以飄浮觸控來做3D建模一類工作!

(以下內容引述自WIRED.jp)
…..カリフォルニア州ロングビーチで年1回開催される「TED」で、マサチューセッツ工科大学(MIT)
の大学院生であるジンハ・リー(李鎭河)が最新のデジタル3D環境「SpaceTop」を発表した。
コンピューター画面の「内部に手を伸ばして」、ウェブページや文書、動画などを、
現実世界の物体と同じようにつかむことができる3次元コンピューター・インターフェースだ。
より込み入った操作も、ハンドジェスチャーで行うことができる…..
…..
…..SpaceTopは、透明なLEDディスプレイと2台のカメラで構成されている。
1台のカメラがユーザーの手の動きを追跡し、
もう1台のカメラはユーザーの目を監視して何を見つめているかを判断し、
投影画像の見え方を調整する…..
…..SpaceTopはまだ初期段階だ。しかし、インターフェース技術を革新する方向を示している…..
…..TEDの会場で、リー氏はSpaceTopとZeroNだけでなく、
コンピューターディスプレイの「内部に」押し込むことができる折り畳み式のペンも発表した。
ペンが「折り畳まれ」、ペンの先端がディスプレイの奥へ奥へと進む様子がモニターに表示される…..
…..さらにリー氏は、スマートフォン向けアプリのコンセプト動画も紹介した。
拡張現実対応ゴーグルとともに使用すると、オンラインストアで実際に注文する前に、
仮想の腕時計を「試しに着ける」ことができるというものだ…..
…..これらのシステムに共通するのは、物質世界とデジタル世界をさらに近づけて、
物理的な相互作用が自動的に行われるようになることだとリー氏は説明し、
この操作を「世界のプログラミング」と呼んだ…..
…..

展示影片:
 
 

這螢幕感覺好像離臉太近了點,不曉得看久了眼睛會不會更累呢?
但就算更累也沒什麼關係,因為…..用這來玩エロゲー一定很讚啊!
若配合力回饋一類裝置,不但3D建模如虎添翼、能直觀的以捏塑方式進行數位雕刻,
拿來玩エロゲー時這臨場感更絕對是不同凡響!(見文首示意圖…..)
尤其,就算吾輩尚不能整個人跳進螢幕跟魔女們OOXX,至少手也是進去了啊! XD

迴響: 0 則迴響

文章分類:科技&研究

標籤: , ,

發表迴響

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料