不擅攻城的士兵…..有福了!?

アレの経験人数は少ないほどイイ
“一度も侵入を許していない砦は頼もしく、一度も侵入に成功しない兵士は頼りない”此句格言,
雖然乍看之下頗為有道理,但些從未成功侵入堡壘,承受著世間”キモ”、”童貞”等嘲弄的士兵們,
難道就真的那般不可被信賴嗎?浜松学院大学研究若尾良徳能就不如此認為.

はちま起稿看到報導,若尾良徳先生3年前在日本社会心理学会第50回大会中,
口頭發表之”性交経験人数の情報が魅力および人物評価に及ぼす影響”一文內,
便認為在大部份情境中,透露“曾經性交人數”此資訊將與他人對其評價高低有所關聯,
且與”一度も侵入に成功しない兵士は頼りない“相反是─性經驗人數低,結果似乎還比經驗人數好!

(以下內容引述自NEWSポストセブン)
…..19歳の男性もしくは女性という架空の人物を設定し、趣味や職業、怖いもの、
自分をどんな人間と思っているかなどをしるした共通のプロフィールを用意しました
プロフィールで異なるのは、“みんなにはあまり知られていないこと”として、
これまで何人と性行為を経験したかという項目でした。
そして、それを男女約500人にしめし、その架空の人物の魅力について尋ねました。
すると、好感、友人としての魅力、恋人としての魅力は、
性体験数が低い架空の人物に対して高く評価されることがわかりました。
面白いことに、一夜限りの相手としての魅力についても、
性体験数が低いターゲットほど、高く評価されたのです。
では、性体験数と架空の人物の特性の関係はどうだったのでしょうか。
能力につては、性体験数に関係がみられなかったものの、
信頼は性体験数の少ない架空の人物に対して高く評価されました…..
 …..どうやら、性体験数の少ない人物は友人や恋人として望まれているようです。
それは、たんなる童貞や処女がいいんだという崇拝的なことからではなく、
性体験数がその人物に対する特性に影響を与え、それが魅力と関係しているからだといえます。
そう考えると、最近の性体験がない、
もしくは少ない若者の増加という問題はたんに性に対する興味や関与の希薄ではなく、
性体験の少なさが魅力につながっていることを若者が無意識に共有し、それを実行しているのかもしれません。
なかなか他人に、自分の性体験を語る機会はないと思いますが、
うっかり彼氏や彼女に話した瞬間、自分への魅力を下げてしまうかもしれないので要注意です…..
…..

“性交経験人数の情報が魅力および人物評価に及ぼす影響”原文下載

此實驗中的刺激素材(ターゲット人物)都是不存在架空人物,
評價時恐怕倚靠將設定重組後的妄想想像居多,混入對性經驗高之刻板印象,
例如輕浮、小白臉等聯想的可能性亦很高;倘若刺激素材改以真實的人物為題,
像是罐C哥、加藤鷹、巧克力球或ゴロー先生等,是否還能發現近似的結果呢?
雖然這樣做明顯會受到過剩資訊的影響,但在這大家琅琅上口”好人當工具,壞人當陽具”的時代,
最終結果究竟會如何…..所謂”用腳投票”,其實早已明白的在大家身邊顯示出來了吧!(遠目)

迴響: 2 則迴響

文章分類:科技&研究

標籤:

不擅攻城的士兵…..有福了!? 有 “ 2 則迴響 ”

發表迴響

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料